SE (第一世代)

iPhone SE (第二世代)は、2020年の4月に発表された、まだ販売して半年というiPhoneの新モデルです。iPhone 11と同じ13世代にカテゴライズされていますが、スペックや価格には大きな差が見られます。そもそもiPhone SEという名称は、今から6年前に発売されたiPhone SE (第一世代)の名称と同じです。

iPhone SE (第一世代)は、iPhone 5sの後続機であり、2016年当初に高騰してきたiPhone市場において、よりお求めやすいリーズナブルな価格のiPhoneとして注目を集めました。iPhone SE (第一世代)が発売された当初は、iPhone 6sが発売されていましたが、カメラ性能もどちらも1200万画素でしたし、プロセッサーは、A9プロセッサーを搭載しているなど同じレベルのスペックがありました。

iPhone SE (第一世代)との大きな違いは、iPhone 6sの方がディスプレイが大きいことや、画面を押す圧力を感知してアクションを変えることができる感圧式パネル「3D Touch」が採用されている事です。この二点に目をつぶることができれば、52,800円で満足度の高いスマートフォンを入手することができたのです。